M2ブラッドレー歩兵戦闘車の最新モデルM2A4

M2 ブラッドレー歩兵戦闘車の最新モデルM2A4
Photo by Sgt. Calab Franklin

最近、米陸軍は、アップグレードされたM2A4ブラッドレー歩兵戦闘車をテストしました。M2歩兵戦闘車の米軍での歴史は長く1981年に配備されています。それから約40年の間にM2ブラッドレーは何度かアップグレードが行われています。M2A4はBAEシステムズによって2019年から開発が始まった最新モデルであり、陸軍の戦闘車両近代化戦略の一環として米陸軍との契約に基づいて開発した改良型ブラッドレー戦闘車両です。

アップグレードの内容

情報ネットワークの強化

ブラッドレーM2A4は、最適な状況認識、ネットワーク接続、および装甲旅団戦闘チーム内の通信のための最新のデジタル化電子機器を備えています。ワイドアングルのドライバーズビジョンエンハンサー、第三世代のサーマルビジョン、改良されたフォースXXI戦闘コマンドブリッジ、およびBelow (FBCB 2) ソフトウェア統合により、味方車両と敵車両の識別が向上し、状況認識が向上しています。高速スリップリングの追加、ネットワーク接続性の向上、および機密情報と未機密情報を同時に表示するスマートディスプレイも、状況認識を向上させています。

機動力・防御力の向上

M2A4には、新しい675馬力の8気筒Cummins VTA 903 E-T 675ディーゼルエンジン、新しいHMPT-800-3 ECB油圧トランスミッションが搭載され、アップグレードされた車両には、軽量トラック、新しいショックアブソーバーとサスペンション、より剛性の高いトーションバーも装備されました。これにより、地上高が380mmから510mmに増加しクリアランスが向上。機動性が向上しただけでなく、対戦車地雷から車両を保護しています。装甲に関しては全面、砲塔、サイドにイスラエルのElbit Systems社によって開発された装甲車用のIron Fist Light Decoupled (IFLD) アクティブ保護システムが追加できます。

攻撃力

M2 ブラッドレー歩兵戦闘車の最新モデルM2A4

ブラッドレーM2A4には新しい中央処理装置に搭載されたフル弾道射撃制御、デュアルターゲット追跡支援、自動調整ガンターゲット、自動ボア照準、ハンターキラー機能で構成されています。ブッシュマスター25mm砲は爆発弾と徹甲弾の両方を発射し、TOW対戦車ミサイルは敵の装甲車両を撃破する。7.62 mm同軸機関銃は近距離での火力を提供します。

24年ぶりのアップグレード

1981年に登場したM2ブラッドレー歩兵戦闘機の最初のアップグレードは、それから4年後の1985年に改良されたM2A1タイプでした。主な改善点は、対戦車ミサイル、ナイトビジョンの追加、防御能力の向上の3つです。

速くも3年後の1988年には2番目のアップグレード版M2A2が登場。爆発反応装甲、25mmの防弾鋼板が追加されました。総戦闘重量が増加する一方で、新しいエンジンとサスペンションに変更されて機動性は確保されました。

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.152 アメリカ陸軍 M2A2 スーパーブラッドレー プラモデル 35152

3番目のアップグレードは1996年に生産が始まり、現在の主力であるM2A3です。主な改良点は武装関連で火力が強化されました。25mmの機関砲は毎分600発に向上。火器制御関連のシステムは完全デジタル化され、車長用独立旋回式映像装置(CIV)、TRW製コンピュータによるFBCB2戦闘指揮システム、第2世代FLIR、下車チーム用と砲塔・操縦席の平面ディスプレイなどが追加された。

しかし、M2A3の登場してからは長年に渡り改良されることはありませんでした。M2A4ブラッドリーは実に24年ぶりのアップグレードモデルになります。

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.264 アメリカ陸軍 M2A2 ODS デザートブラッドレー プラモデル 35264

M2 ブラッドレー歩兵戦闘車の最新モデルM2A4
最新情報をチェックしよう!
>戦車の情報を中心に発信するワールドタンクニュース

戦車の情報を中心に発信するワールドタンクニュース

戦車、戦闘車、装甲車といった世界の軍の地上車両のニュース情報を発信します。

CTR IMG