CATEGORY

ニュース

  • 2024年6月23日
  • 2024年6月23日

イスラエル軍が世界初の全自動155mm自走榴弾砲Sigma(シグマ)を配備

イスラエル国防軍(IDF)は、一連のテストを終えて、Sigma(シグマ)155mm自走榴弾砲を実戦配備すると発表した。世界初の全自動砲と謳われる、この自走砲は、現在、イスラエル軍砲兵隊に配備されているM109自走榴弾砲に代わり配備される。 シグマは155mm(52口径)砲を備えた装輪式の全自動自走砲 […]

  • 2024年6月21日
  • 2024年6月22日

韓国、ウクライナへの武器供与を検討。韓国軍はT-80戦車などソ連製戦車を多数保有

韓国大統領府の国家安保室長は20日の記者会見で、ウクライナに対する軍事支援の方針を見直す事を表明した。これまで、殺傷兵器は供与しない方針のもと、兵器支援は行ってこなかったが、これを再検討する。実は韓国軍は多数のソ連製車両を保有しており、方針が変われば、これらがウクライナに渡る可能性がある。 今月19 […]

  • 2024年5月16日
  • 2024年5月17日

英軍、退役したFV107 シミター偵察戦闘車全両を廃棄へ。ウクライナに行く可能性も

イギリス軍は保有するFV107シミター偵察戦闘車全両を廃棄する計画を発表した。FV107シミターは2023年4月に英陸軍から退役していた。しかし、これらはウクライナに供与される可能性がある。 5月10日にイギリス政府が提供した新たなレポートにより、イギリス陸軍の装軌式装甲戦闘車両シリーズCVR(T) […]

  • 2024年5月13日
  • 2024年5月14日

米陸軍はM270 MLRS多連装ロケットシステムを近代化し、退役した車両も復活させる

アメリカ国防総省は5月9日、米陸軍がロッキード・マーティン社に対し、M270 MLRS多連装ロケットシステムの再建に向けて4億5,100万ドル相当の契約を締結したと発表した。これは既存車両の近代化、および、退役して倉庫に眠っていた車両を復活させ、M270 MLRS部隊を再建すると共に、同車両を採用す […]

  • 2024年4月27日
  • 2024年4月28日

ウクライナ軍のM1エイブラムス戦車、損失かさみ前線から撤退

アメリカからウクライナ軍に供与され、今年2月に前線への投入が確認されたM1A1エイブラムス戦車。しかし、現在、エイブラムスは前線から撤退している事が明らかになりました。 AP通信の報道によれば、2人の米軍高官は、ウクライナ軍が一時的に「M1A1エイブラムス戦車の使用を控えた」と明らかにしました。高官 […]

  • 2024年4月24日
  • 2024年4月24日

ロシア軍、ウクライナ軍のレオパルト2A6戦車を鹵獲

ウクライナ軍のレオパルト2A6戦車がロシア軍に鹵獲された事が初めて確認されました。レオパルト2A6はウクライナに提供されている西側製戦車としては最も新しいモデルです。 ⚡️The German Leopard 2A6 tank, captured from the Ukrainian Armed F […]

  • 2024年4月21日
  • 2024年4月21日

最新鋭戦闘車M10 Bookerが米陸軍に就役

アメリカ陸軍は2024年4月18日、最新の戦闘車両M10Bookerの納入式を行い、最初の車両を正式に受領した。M10ブッカーは、陸軍が20年ぶりに採用した新型車両で、軽機動部隊が敵を火力で圧倒することを可能にする。 Army takes delivery of first M10 Booker C […]

  • 2024年4月9日
  • 2024年4月9日

ウクライナに登場にロシア軍の珍兵器「亀戦車」

ウクライナの戦場に全身を装甲で覆った奇妙な車両が登場しました。これはウクライナ軍の自爆ドローンに手を焼く、ロシア軍の苦肉の策です。 ウクライナ軍の自爆ドローンの攻撃に悩まされているロシア軍は、あの手、この手で自爆ドローンから車両を護る方法を考えています。しかし、どんなに車両をゲージなどで覆っても、小 […]

  • 2024年3月11日
  • 2024年3月11日

パキスタンが新型主力戦車ハイダーを公開

パキスタンの重工業タキシラ (HIT) は、ハイダー(Haider)主力戦車の最初の量産モデルをお披露目する発表式典を開催した。 Haider Main Battle Tank: Rolling out Ceremony at HIT ⚔ 🇵🇰 General Syed Asim Munir, NI […]

  • 2024年3月5日
  • 2024年3月5日

ロシア、T-14アルマータ戦車は高すぎるとし、量産を放棄か

ロシア最大の国営軍需企業ロステック社は同社が開発生産する最新鋭戦車T-14アルマータが他の戦車と比べ、あまりに高すぎるため、ウクライナには配備されないと語り、T-14の量産は行われないという主旨の発言をした。 ロシア国営メディアRIAの3月4日の報道によれば、ロシア国営の軍需企業ロステック社のトップ […]

>戦車の情報を中心に発信するワールドタンクニュース

戦車の情報を中心に発信するワールドタンクニュース

戦車、戦闘車、装甲車といった世界の軍の地上車両のニュース情報を発信します。

CTR IMG