ISV|米軍の新しい歩兵分隊車両

ISV|米軍の新しい歩兵分隊車両
写真 GM Defense

10月27日、米国GMの子会社であるGM Defense LLCは米軍に新しい歩兵分隊車両ISV(Infantry Squad Vehicle)の最初のバッチの4台を引き渡しました。米軍とGMは2024年度末までに649台の車両を生産する2億1430万ドルの契約を結んでおり、最終的には8年間で計2,065台の調達を予定しており、ISVは次代の米陸軍の主力をなす車両です。

概要

ISV|米軍の新しい歩兵分隊車両
写真 GM Defense

歩兵分隊(Infantry Squad)とあるように、ISVは歩兵分隊のための車両です。分隊の数は軍によって異なりますが、大体8~14人で、米陸軍は9人を分隊の基本構成としています。ISVは米陸軍の分隊要件を満たすよう最大9人が乗ることができます。

全地形車両

車体はGMの商用車「シボレーコロラドZR2」(写真上)のコンポーネントに沿って開発製造されており、90%の部品が市販部品です。これはつまりGMのグローバルサプライチェーンを利用して車の保守点検修理が可能なことを意味します。
186馬力の2.8リッターターボディーゼルを搭載したこの車はもともとオフロードに特快したミッドサイズピックアップトラックであり、ISVもオフロードの走行に優れた全地形対応車両となっており、複雑で困難なクロスカントリーの地形上においても兵士と装備をすばやく移動させることが可能です。

軽戦術車両

車体重量は軍用車ながら商用のコロラドZR2と然程変わらず、2267kgになります。これはUH-60ブラックホークからロープスリング運搬することも可能で、CH-47チヌークに搭載することも可能です。またC-130、C-17といった輸送機からは空中投下が可能です。ペイロード(積載能力)はコロラドZR2の500kgから若干上がっており、680kgになります。

最初の車両はエアボーン部隊である第82空挺師団の第1歩兵旅団戦闘団に配備される予定です。

重量2267kg
積載量689kg
エンジン186馬力2.8リッターターボディーゼル
乗員数9名

https://www.gmdefensellc.com/site/us/en/gm-defense/home/news/2020/gm-defense-delivers-first-infantry-squad-vehicle-to-us-army.html

ISV|米軍の新しい歩兵分隊車両
最新情報をチェックしよう!
>戦車の情報を中心に発信するワールドタンクニュース

戦車の情報を中心に発信するワールドタンクニュース

戦車、戦闘車、装甲車といった世界の軍の地上車両のニュース情報を発信します。

CTR IMG